生ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーは、働き蜂が分泌し「王台」という巣の中の特別な部屋に貯蓄される女王蜂のみが食べる特別な成分です。
やや黄色味を帯びたクリーム状をしています。
空気に触れると酸化してしまう、非常にデリケートなものです。
口に入れた時に若干舌を刺激するような「ピリッ」とした感覚がありますが、その刺激のある独特の酸味とミルクのような香りは新鮮さの証です。

人間の体内では作る事が出来ない9種類の必須アミノ酸をはじめ数十種類の豊富な栄養素が含まれており、その豊富な栄養素が女王蜂を働き蜂の何倍もの大きさに育てるのです。
このローヤルゼリーが働き蜂の30倍もの寿命と毎日1500個以上もの卵を産み続ける女王蜂の力の源となっているのです。

生ローヤルゼリーは、自然のまま採取して不純物を濾過しただけのものですので、女王蜂に与えられるものに最も近い形で摂取する事が出来るのです。

ローヤルゼリーには「生ローヤルゼリー」「カプセル」「糖衣錠」「粉末」があります。
生ローヤルゼリーは工場などで人工的に作ることはできません。
薬品ではなく食品部類に属するものなのです。

生ローヤルゼリーには、高い美容効果が期待できるのです。
欧米諸国では化粧品がわりにローヤルゼリーを美容目的で用いる事が、広く普及しているのです。

ハチミツは約2割の水分を除いてほぼ全てが糖質であるのに対して、ローヤルゼリーは水分が5~6割で、残りはたんぱく質、糖質、脂質などで構成されています。
ビタミンB群の量はハチミツの数十倍。
自律神経を支配するアセチルコリンに至っては1gのなかに1mgもの量が含有されており、これは天然の物質の中では最高の量です。

ローヤルゼリーは一時的に症状を軽くするための薬とは異なり、継続して摂取してこそ大きな効果を発揮します。
酸味や苦みがある為、長期間摂り続けるには少々食べにくいですが、ヨーグルトやジューズに入れて食べるようにすると無理なく続けることができます。