更年期障害を改善をローヤルゼリーで

女性の一生は大きく5つに分ける事が出来ます。
幼少時期、思春期、性成熟期、更年期、老年期の5つです。

このうち「更年期」とは、性成熟期から生殖不能期へ移行する45~55歳にあたります。
日本人女性の場合、40代に入ると約5%の方が生理不順の傾向が見られるようになり、その後50代に入ると閉経になると言われています。
更年期障害は、この時期に自律神経失調症と精神症状の両方が作用しながら起こるものです。

更年期に差し掛かると、若い頃には活発に働いていた卵巣の働きが弱くなり、女性ホルモンであるエストロゲンの量が激減します。
するとホルモンバランスが乱れてしまい、自律神経に影響が出てしまうのです。
更年期障害の症状は人それぞれ異なりますが、イライラしやすくなったり顔がほてりやすくなったり、あるいは手足が冷えやすくなったり急に不安になったりなどさまざまです。

女性ホルモンの変化は、思春期から老年期にかけて次のように変化します。
まず思春期には、エストロゲンのレベルがぐっと上がり女性らしい身体付きになっていきます。
月経がはじまるのもこの頃です。
性成熟期になると月経が規則的になり、女性ホルモンの分泌も安定します。
そして上述したように、更年期に突入するとこのエストロゲンが徐々に減少していくのです。

こうした思春期から更年期にかけてのエストロゲンの変化に伴い、積極的に摂取すると良いとされているのがローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは更年期障害の予防に良いとされていますが、これはローヤルゼリーに含まれる「デセン酸」という成分が大きく影響しています。
デセン酸とは自律神経を整える役割などがあり、さらにはがん予防にもなるといわれる成分です。
また美肌や育毛効果も期待できるなど、高い健康・美容効果をもたらしてくれるのですが、ローヤルゼリーにしか含まれていません。
こうしたことから、健康増進のためにローヤルゼリーが注目を集めているのです。

更年期障害の予防のため・またいつまでも若々しいお肌を保つためにも、女性なら是非取り入れていきたいですね。